まんがびと

<< ブログ正式屋号 『まんがびと_JIN』 >>
最近少しずつ、持病の重度片頭痛やアレルギーとの共生の道が見えてきた管理人:JIN。
ここは、少年・青年・少女・ギャグ・4コマ・Webマンガ、そして大好きなHEROさんのマンガなどなど・・・。
管理人おススメのマンガを主にご紹介しているマンガブログです。
最近は、アニメやWeb動画・ボカロ・音楽・ゲーム、興味のあることならどんなことでも、日記のように綴っています。
※ 動画・画像がPCを想定したサイズのためスマホでは少し見にくいかも・・・、ごめんなさい。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< コミック週間売り上げランキング(オリコン調べ:2014年12月01日付) | TOP | #107:『最弱無敗の神装機竜《バハムート》』 >>

2014.12.03 Wednesday

#A2:『神撃のバハムート GENESIS』

0
    「アニメは時間の縛りが…。」とか言っていましたが、最近ではHDDに録画してからの早見もできますし、
    ” マンガ原作のアニメなら人気作であろう ” という今までとはちょっと違った視点から、
    アニメを見てみることにしたのですが、ちょっとアニメにハマっています。
    「まんがびと」なのに・・・。

    迂闊だったのは、「これって原作がアニメなの?」とか、「小説が原作か〜」とか、
    今回のように「え、カードゲーム原作とかって・・・」みたいなパターンも多々あるんですよね。


    でも、面白いものは面白いので紹介します。

    公式サイト
    ★アニメ『神撃のバハムート GENESIS』 
     


     原作 :神撃のバハムート
    ファンタジーの世界観を持つカードバトル型RPG。
    プレイヤーは「騎士」となり、「伝説の英雄」や「神々」、「魔物」が封じられたカードを集めて世界中を冒険する。
    カードイラストは多数のイラストレーターの手によるもので非常に美しい。
    一時期CMでも大きな反響があった。

    ゲームの世界観:あらゆる種族の入り混じる神秘の世界「ミスタルシア」
    世界を征服せんと魔族侵略派が侵攻し戦闘が勃発、人類と天界、魔族穏健派も侵略派の世界征服を防ぐべく共闘し、世界各地で交戦している。
    かくして世界は天界と人間界と魔界、そして陰で暗躍する「混沌の闇」により混沌の一途を辿ることとなる。
    大陸には大昔、魔法技術が発達し、その技術を以て島を大空に浮かばせ一大王国を築いた「天上人」が存在していたと言われ、現在もその名残である浮遊城が点在し、ゴーレム技術をはじめとする魔法技術の遺産が大陸各地に眠っていると言われている。

    引用:Wikipedia

    ゲームはやったことないですが、カードは欲しかったです(*^▽^*)
    まだ、アニメも第8話までしか見てないので世界観とかがどこまで準じているのか、
    そもそも原作を知らない私にはこのアニメを純粋に楽しむしかないのですが。
    ぜひ、アニメ原作のマンガが出てほしいです。

    そうそう、このアニメの好きなところは、
    なんといっても、とにかく絵がキレイ。
    主人公が特別強いわけではなく、なんとなく下衆っぽい。
    ジャンヌ・ダルク、大天使などの好きなキャラが出てくる。
    そして、主要キャラを声優の平田広明が演じてらっしゃる。
    などです。
     
    ☆ランキング参加中です。下のバナーを「ぽちっ」としていただけると元気が出ます☆
     Λ ‡ Λ
    (*^ω^*) 
     m―z―m
    にほんブログ村 漫画ブログへ

    にほんブログ村 漫画ブログ 漫画情報へ

    ☆管理人もお世話になっていますにほんブログ村の漫画に関するトラックバックコミュをまとめてみました♪
    楽しい記事がいっぱいです!ぜひどうぞ〜
    (*⌒▽⌒*)ノ

    ★HEROさんのマンガ大好き
    ★少年マンガ
    ★少女マンガ
    ★オススメ漫画 これは読んどけ!
    ★コミック感想
    ★4コマ・webマンガ
    ★漫画、マンガ、まんが、コミック
    ★書物、書籍、本
    ★漫画批評・レビュー
    ★アニメ・漫画大好きな方カモン
    ★アニメ&マンガ広場
    ★アニメ・漫画・ゲーム大好き

     
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://manga.jin.in.net/trackback/316

    トラックバック

    ▲top

    Advertisements