まんがびと

<< ブログ正式屋号 『まんがびと_JIN』 >>
最近少しずつ、持病の重度片頭痛やアレルギーとの共生の道が見えてきた管理人:JIN。
ここは、少年・青年・少女・ギャグ・4コマ・Webマンガ、そして大好きなHEROさんのマンガなどなど・・・。
管理人おススメのマンガを主にご紹介しているマンガブログです。
最近は、アニメやWeb動画・ボカロ・音楽・ゲーム、興味のあることならどんなことでも、日記のように綴っています。
※ 動画・画像がPCを想定したサイズのためスマホでは少し見にくいかも・・・、ごめんなさい。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< コミック週間売り上げランキング(オリコン調べ:2016年03月07日付) | TOP | #175:『ReReハロ』 >>

2016.03.08 Tuesday

#174:『甘々と稲妻』

0
    幼い愛娘と、女子高生と、高校教師。
    3人が織りなすある意味「両手に花」食卓ドラマです。



    先日最新刊と同時発売の『good!アフタヌーン 4号』にも情報が掲載されていましたが、
    『甘々』ファンの皆様方におかれましては、
    待望のアニメ化が決定いたしました!

    2016年7月より放送予定です!

    アニメ公式サイト
    ★アニメ『甘々と稲妻』 

    < 「甘々と稲妻」ついにアニメ化! >※音量注意! 


     

    半年前に妻を亡くした高校教師:犬塚公平は、男手ひとつで幼い娘つむぎを育てていた。
    自身の食も細く、一切料理のできない公平は出来合いの食事や外食ばかりの日々を送っていた。

    ある日、つむぎと出かけたお花見で母にドタキャンされ泣きながらお弁当を食べていた女子高生:稲田小鳥との出会いが彼ら家族の生活を一変させることとなる。

    公平は、愛娘のつむぎのことは溺愛しているが、
    仕事と毎日の生活に追われ、また、彼自身がもともと食に関して関心が薄いため、
    つむぎとまともな食事をしていいなかったことに気が付く。

    つむぎにまともな食事を食べさせてやりたいという想いに駆られた公平は、
    小鳥から渡された名刺を頼りに、小鳥の母が経営する料理屋「恵」に足を運ぶことに。

    しかし、小鳥もまた幼い時に負った「心の傷」のせいで包丁が握れなかった。

    何もわからない3人が、小鳥の母が不在のまま3人で炊いた土鍋のご飯がきっかけで
    定期的に料理をするようになり、料理の楽しみに目覚めていくのだった。

     
    料理を作るのが大好きだった私も、
    長男の離乳食が始まったころから作る機会が少なくなり、
    よくよく考えてみると、暫くまともに包丁を握っていません。

    理由の一つは、
    家事・育児を分担です。
    料理以外の家事全般は私がメインでやる代わりに
    料理は全て妻がやってくれます。
    もちろん他の家事も妻が分担して手伝ってくれますが。

    でも最大の原因のは、
    食品アレルギーが多くて食べられるもの種類が少ないことが判明したことです。
    きっと私だけだったら食への関心が無くなっていたと思います。

    妻が少ない品目の中からうまく除去食を作ってくれるので安心して食生活が送れています。


    このマンガのストーリを見て重なるところはないのですが、
    「もしも妻の身になにかが・・・。」
    と、自分に立場に当てはめて考えてみた時、
    私だったらここまでできるのだろうかと・・・。


    また、このマンガのいいところは、
    各話末にそのストーリの軸となる
    料理のレシピや調理方法(魚のさばき方)などが載っているところです。
    しかも、かなり現実的な内容です。


    料理の題材として扱っている(?)マンガの中でも私が心から嫌悪しているマンガがあるのですが、
    作者が人の心を傷つけるような描写をしてもなかなか打ち切られずに、
    かなり長い間連載されているという不思議なマンガがあります。
    そのマンガに出てくるものは本当に非現実的で、参考にならないものばかり。
    最近は料理のことをだしに使って、国際情勢や政治批判をしている有様です。
    まあ、本作とは全く関係ないのでどうでもいい話なんですけどね・・・。



    雨隠ギドさんが描くマンガはすごく優しいので昔から大好きです。
    私は『恋煩いフリークス』の時から大ファンでした。

    他にもいろいろと著書があるので興味のある方は探して
    ぜひ読んでみてくださいね。(^艸^)


    [まとめ買い] 甘々と稲妻

    < 最新刊 > 

    (記事最終更新日:2016年03月08日)
     
    ☆ランキング参加中です☆

     Λ ‡ Λ
    (*^ω^*) 
     m―z―m
    にほんブログ村 漫画ブログへ

    にほんブログ村 漫画ブログ 漫画情報へ

    ☆管理人もお世話になっていますにほんブログ村の漫画に関するトラックバックコミュをまとめてみました♪
    楽しい記事がいっぱいです!ぜひどうぞ〜
    (*⌒▽⌒*)ノ

    ★HEROさんのマンガ大好き
    ★少年マンガ
    ★少女マンガ
    ★オススメ漫画 これは読んどけ!
    ★コミック感想
    ★4コマ・webマンガ
    ★漫画、マンガ、まんが、コミック
    ★書物、書籍、本
    ★漫画批評・レビュー
    ★アニメ・漫画大好きな方カモン
    ★アニメ&マンガ広場
    ★アニメ・漫画・ゲーム大好き

     
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://manga.jin.in.net/trackback/796

    トラックバック

    ▲top

    Advertisements